アイムピンチで目の下のたるみ対策はできる?

アイムピンチは目の下のたるみに有効?

アイムピンチはアンチエイジングを意識している女性に人気の美容液です。

年齢を重ねた女性の悩みで多いのがシワたるみです。シワたるみは顔のあらゆる部分にできますが、目元口元の小じわと共に特に気になる人が多いのが『目の下のたるみ』です。

人間は話をする時に相手の目を見ます。話している相手の目の下にたるみがあると、老けて見えるのはもちろん、疲れて見えたり不健康に見えてしまう事もあります。

アンチエイジング対策化粧品であるアイムピンチは目の下のたるみに有効なのでしょうか?調べてみました。

そもそも目の下にたるみが出来る原因とは?

目の下のたるみの位置

アイムピンチが目の下のたるみに有効なのかを知る前に、まずは目の下のたるみがどうしてできてしまうのかを確認しましょう。

目の下のたるみは簡単に言うと目の下の肉がたるんで、できる影です。眼の下のクマの中でも黒クマと言われているものです。

目の下のたるみが出来てしまう原因は大きく分けて2つあるといわれています。

目の下のたるみの原因

  1. 筋肉の衰え
  2. 皮膚が痩せることでハリの低下

1つずつ確認していきましょう。

筋肉の衰え

眼の周りは眼輪筋という筋肉で支えられています。筋肉が衰えれば涙袋のしたのたわみの原因である『目袋』部分が重力に逆らえず、目の周りの脂肪(眼窩脂肪)と隔膜(眼窩隔膜)が垂れてきてしまうのです。

また、眼輪筋が弱まると目袋が垂れるだけじゃなく、目元のくぼみや大ジワにも繋がってしまうので幸が薄く見えたり、ダルダルぼってりした印象に繋がってしまうのです。

眼輪筋をほぐし鍛える

身体全体の筋肉に言える事ですが、酷使している筋肉はしっかりほぐし、衰えてしまっている筋肉は鍛えていきましょう。

最近は見た目年齢における眼輪筋の大切さに注目が集まっていて様々なトレーニングやストレッチが紹介されています。

簡単にできる物というと下記のようなものがあります。

薄目エクササイズ

下まぶたを持ち上げるようなイメージで薄目を作り10秒キープします。

初めは鏡を見ながら下まぶたが2~3cm上がっているか確認しながらやりましょう。

また、眼周辺のを優しくツボ押し( 目頭→眉頭→目尻→目の下)してあげることでスッキリします。

皮膚が痩せることでハリの低下

眼周辺の皮膚も他の部位と同様に真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンにによって、ハリや弾力が保たれています。加齢と共にこれらのハリ弾力成分を作り出す線維芽細胞が衰えてくるので皮膚が萎み(しぼみ)痩せてきてしまいます。

そうすると耐え切れずに目の下の目袋がズルんと垂れてきてしまうのです。また、真皮層の潤い成分が失われてしまう要因には、加齢の他にも、乾燥や紫外線(UV)、活性酸素などが関係しています。

皮膚痩せ対策には保湿が大事

乾燥や紫外線など皮膚を痩せさせる外的要因に強い肌環境を作るためには『保湿』がとっても大切です。

ずいぶんと話が話が遠回りしてしまいましたが、皮膚の保湿をする時に有効なのがうるおい成分がタップリと含まれている『アイムピンチ』です。

肌表面の水分や潤いが低下すると、肌のバリア機能やターンオーバーが乱れてシミやしわ、たるみ、肌荒れなど様々な肌トラブルの原因になってしまいます。

目元の乾燥対策にはアイムピンチ美容液を目の中に入らないように注意しながら塗り込みましょう。たるみやしわがある場合は皮膚を伸ばして塗ることで塗り残しなく塗付できます。

アイムピンチ美容液を塗りこむことでしっかり保湿できますし、その他にも乾燥による小じわを目立たさなくすることも可能です。

また、朝用ですが、目元専用の『アイムピンチ朝用アイクリーム』も発売されているので、朝はアイムピンチのアイクリーム、夜はアイムピンチの美容液をたっぷり使うのもオススメです。

アイムピンチとマッサージで目のたるみ対策しませんか?

目の下のたるみ予防にはアイムピンチでしっかり保湿を行い、眼輪筋マッサージやトレーニングで衰えないようにするのがオススメです。

アイムピンチの口コミを見てもこんな意見がありました。

良い口コミ

以前から目元のたるみが気になっていたので、アイムピンチを塗ってから、目元のツボとマッサージを3週間ほど毎日やっていますが、ずいぶんと目の下のたるみが気にならなくなってきました。

こんな口コミもありました。保湿と眼周辺の筋肉を鍛えることは目の下のたるみ対策になるようです。